助けて!wi-fiドクター!

wi-fiの種類を確認しよう

Posted by | 助けて!wi-fiドクター! | No Comments

皆さんこんにちわ。MUGENのますけん(増川佳祐)です。
今回は、基本に立ち返って、wi-fiの通信規格の種類をおさらいしたいと思います。

wi-fiはWi-Fi Allianceができてから今から約20年前と歴史がまだまだ浅く、一般的に広がってきたきっかけはやはりスマートフォンの普及が一役を買っています。

スマートフォンの普及前にもパソコン業界ではまずはwi-fi接続用のPCカード(BUFFALO WLI-PCM-L11GPなど)の販売など周辺機器として発売をされて、次第にノートパソコンに標準搭載をされていくようになってきました。

wi-fiの規格は根本的なものはあまり変わらず、年々進化して速度が早くなってきています。表にしてみると

※wikipedia調べ

規格 速度(理論値) 策定年
IEEE802.11b 11Mbps 1999年
IEEE802.11a 54Mbps 1999年
IEEE802.11g 54Mbps 2003年
IEEE802.11n 65Mbps〜600Mbps 2009年
IEEE802.11ac 292.5Mbps〜6.93Gbps 2014年
IEEE802.11ax 9.6Gbps 2020年?

となっており、今はなんとなくの感覚ですが、一般的には端末側(クライアント・子機)もルーター側(親機側)も11nの規格が概ね浸透してて、ちょっとこだわって設置している方は11acの通信ができるってところでしょうか。

スマートフォンが新しいものでも、ルーターが古いと、せっかくの高速体験が
できないまま利用している方も多いと思います。ちなみに、iPhoneで通信速度を比較してみますと

【[iPhone/iPad]iPhone、iPad で利用できるWi-Fiの規格を教えてください。】より引用

wi-fi a/b/g/n
対応するiPhone 5/5c/5s

wi-fi a/b/g/n/ac
対応するiPhone 6/6s/SE/7/8/X/XR/XS

wi-fi a/b/g/n/ac/ax
対応するiPhone 11/SE(第二世代)

となっていました。私は未だにiPhone7を画面やバッテリーを直しながら使っているのですが、以外にもac規格に対応していたんですね…。

といいますのも、事務所のwi-fiでiphoneからスピードテストをするとあまり数字が伸びなかったのでn規格留まりかなと思っていました。まだまだ検証する余地がありそうです。

ちなみに、近年名称の改定も行われたそうで、最近では下記のような呼び方になったそうです。

802.11n→Wi-Fi4
802.11ac→Wi-Fi5
802.11ax→Wi-Fi6

どんどん規格が増えてわけが分からなくなってきたのでナンバリングされたのは素直に良いですね。
最近ではwi-fi6と謳って販売されるルーターも出てくるようなので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

wi-fi環境改善ケースその1

Posted by | wi-fi改善事例, ブログ, 助けて!wi-fiドクター! | No Comments

皆様こんにちわ。wi-fiドクター、MUGENのますけん(増川佳祐)です。今回、自社のネットワーク環境を見直して、速度改善と通信の安定化について検証していきたいと思います。

もとから自社でのwi-fi環境はごく当たり前に設置してあり、違和感なく使用しておりましたが、最近になってビデオ会議を頻繁にするようになってから、違和感を感じるようになってきました。

具体的な症状として
▼ビデオ会議をしていると1時間に1回、1分間程度の通信が停止する
▼インターネットテレビ(PrimeVideo)を利用すると、後半作品のいい所で止まったりする

メールや軽いインターネットの閲覧ですと、特に不便を感じることがありませんでしたし、インターネットテレビも正直半ば諦めてTSUTAYAでDVDをレンタルしていたりしたのですが、ビデオ会議に限ってはそうもいかず、

ビデオ会議内容で審議・可決、の時に挙手をしていないと進行が止まったり、
大事な人の発言の時に止まってイライラしたり、かなり不便を感じるようになってきました。

そこで、ここは思い切って新しいルーターを購入してネットワーク環境を改善してみよう。という運びになったわけです。

では、改善前のネットワーク環境がどうなっていたかと言いますと

こんな感じです。
スピードテストを行いますと(スクリーンショットをとっていませんでしたので、下記にデータを記載します。)
fast.com
PC2からWi-fiによる速度テスト
1回目 17Mbps
2回目 19Mbps
3回目 17Mbps
PC1から有線LAN接続による速度テスト
1回目 64Mbps
2回目 62Mbps
3回目 62Mbps

PC2からWi-fiによるPingテスト(ルーターへ)
2966回中 失敗187回
PC1から有線LAN接続によるPingテスト(ルーターへ)
697回中 失敗1回

と、1回目にしては気持ちがいいくらいにボロボロな結果が出てきました。
言い訳をしますと、仕事ではあまりヘビーに通信をしていなかったというのと、自宅が別でプライベートでは使用しないという点も目を背けていた理由ではありました。

ただ、なんとなく問題箇所は自分の中で分かっており、まず、図で言う問題箇所1のハブですが、去年、諸事情でNTTのフレッツ光をauひかりに変更し、電話番号を2回線所有している理由からau側から「auのホームゲートウェイを2台繋ぎます。それをONUから分配する必要があるのでHUBを用意してください。」と言われ、ひとまず自宅に転がっていた100Mbpsの安いHUBで代用していたんです。スピードが遅い原因はまずはこれだろうとは予測していました。

続いて通信が断片的に切れる原因ですが、問題箇所2のルーターWSR-300HPから後付でそれぞれの場所に中継機をつけてwi-fiの電波を使い方ところへ伸ばしておりましたが、安価な中継機を使用していましたので機器の相性(設定状況)によっては通信状態が悪くなるであろうとは想定しておりました。

まずは、各中継していた子機の電源を切ってスピードテストを行うと
PC2からWi-fiによる速度テスト
1回目 41Mbps
2回目 40Mbps
3回目 38Mbps
PC2からWi-fiによるPingテスト(ルーターへ)
3567回中 失敗0回

とたんに通信状況が良くなりました。この段階で中継機を疑って間違いはなさそうです。
中継機の設定を改善しても良いのですが、もともと建物Aから建物Bへは特定の人が往来をし、wi-fiの電波が良いアクセスポイントへ手動で切替えられるほど器用な人ではなかったので、これを機会にメッシュネットワークで安定したwi-fi環境を整備してみようと考えました。

【参考記事 Wi-Fiの新トレンド! メッシュネットワークに向く人、向かない人】

Wi-Fiの新トレンド! メッシュネットワークに向く人、向かない人

一番の決め手は、スマホが移動をすると、何も考えないで最適なwi-fiに切り替わるという点ですね。
接続台数は多くないので、型落ちになりますがお値段がお手頃のWRM-D2133HP(専用中継機2台セット)を用意しました。

【Buffalo製ルーターWRM-D2133HP】

https://www.buffalo.jp/product/detail/wrm-d2133hp.html

なかなか個人では買ったことのない価格に思わず手が止まりましたが…ここは自分への投資と思って勇気を持ってポチります。

また、v6のスピードを体感できるようにするべく、auひかり(ホームゲートウェイ)とONU間にギガビットLAN対応のHUBを取り付けました。

この状況下で再度テスト
PC1から有線LAN接続による速度テスト
1回目 330Mbps
2回目 300Mbps
3回目 310Mbps
PC2からWi-fiによる速度テスト
1回目 39Mbps
2回目 37Mbps
3回目 41Mbps
(Pingは通信断が改善しましたので掲載しません。)

有線LANについては概ね文句なしに改善しました。
wi-fiについてはノートパソコンの子機が調子悪いのか思うように伸びず、iPadに切り替えて再計測すると
iPad(Air)からWi-fiによる速度テスト
1回目 59.4Mbps
2回目 58.7Mbps
3回目 64Mbps

端末によっても数値が違うようなので、これも記事を分けて検証していきたいと思います。
1週間以上前に交換し、ビデオ会議も数回行っていますが、概ね途切れず調子が良さそうです。
また、インターネットテレビ(PrimeVideo)も途切れることなく見られるようになり、画質が良くなった。特に早送りした時の反応の良さが上がったという報告もあります。驚いたのが、ファイルの転送サービスで、8.76GBのデータをアップロードしてみたところ、2分5秒で完了し、爆速になった体感は見ていて清々しいです。

いかがでしたでしょうか。ぜひ、ご自宅のwi-fi環境を改善したいとご希望される方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社へご相談ください。ご覧頂きありがとうございました。

LANケーブルもご用心

Posted by | 助けて!wi-fiドクター! | No Comments

こんにちわ。MUGEN・wi-fiドクターのますけん(増川佳祐)です。

自宅のwi-fi環境を改善するために有益な情報をコツコツと投稿していきたいと思います。今回はLANケーブルの不具合について書いていきます。

先日から、自社の事務所をwi-fiスピードアップのテストとして行ってきましたが、GW中に思い切って大掃除をしようということでルーター周辺も配線をきれいにしました。

その時は何も考えないでLANケーブルもあるものを使ってボチボチとつないでいったのですが、きれいになったと一息してインターネットを利用していたら、心なしかスピードが遅くなっているような気が。

なんとなくスピードを測定してみたところ、

あれ?!遅くなっている。

先日までIPv6の恩恵を受けて300Mbpsを超えていたのですが、何回測っても80Mbpsくらいを推移していました。

auひかりを利用しているので、ホームゲートウェイに直接接続してみると、400Mbpsくらいは出る

そのまま、wi-fiルーターに接続し直すと、80Mbpsくらいに落ちてしまう…。

はて…

ルーターを新しくしたのは良いものの、間違えて100Mbpsのポートに繋いでいるのだろうか…今どきの新しいルーターはどれも1Gbpsのポートばかりで、自分の買ったものを調べても全て1Gbpsのポートで間違いはない。

心当たりあるとしたらホームゲートウェイとルーター間に繋ぐLANケーブルになる…

これが実際使用していたケーブルですが、比較的きれいな状態で、どこか断線しているというワケではないようです。

察するにBUFFALOのルーターに付属していたLANケーブルのようですが、ケーブルをよく観察すると、カテゴリの表記がされておりません。

 

なんかあやしい…あ

 

4芯しかないLANケーブルを使用していました…

通常、LANケーブルは4対(8芯)のものを使用するのですが、おそらく相当古いルーターの付属品でコストカットを図られていたのか…半分の芯しか入っていないものだったため、1Gbpsの高速通信が出来ず、100Mbps以下の通信モードになっていたようです…。

ひとまず、仮で1Gbpsの通信ができるLANケーブルに変更したところ

 

まずまずのスピードに回復してきました。

今まではなにも考えないでとりあえず通信できていれば良い。と設置していましたが、いざこだわってやろうとすると落とし穴が多く、奥が深いですね。好奇心がそそられますが、色々調べて情報発信していきたいと思います。

wi-fiスピード測定した結果を考察する その1

Posted by | 助けて!wi-fiドクター! | No Comments

こんにちわ。MUGEN・wi-fiドクターのますけん(増川佳祐)です。

久しぶりのブログ更新です。このごろの急激な社会情勢の変化により、自宅でのインターネット利用が増え、ネットワークの不具合、wi-fiの不調が目立つようになってきました。

弊社ではホームページ上で主に映像制作を案内しておりましたが、地元のお得意様向けにパソコンサポートも行っておりまして、問い合わせが増えておりますことから、今回は自宅のwi-fi環境を改善するためのブログをコツコツと更新していきたいと考えております。

前回、スピードテストを行いましたが、今回はその数値についてどれくらいの速さであるのかを考察してみたいと思います。

Fast.com、SPEED TESTアプリでは下りが何Mbpsあるかを確認しましたが、この数字の全国的な平均値は
SPEED TESTアプリによると43.0Mbps(2020年4月30日時点)となっています。

つまり、この数字以上の結果が出ている場合は一般的な環境より早い状態。それより低い場合は遅いということになります。

なぜ、自分の環境は平均値と違うのか…
原因は多岐にわたりますのでひとつずつ紐といて考えていきます。

まず、そもそも使用しているインターネット回線が最大どれくらいの速度を出せるのか

最近は利用している方がほとんどいなくなりましたが、15年以上昔に主流だったADSLは
1.5Mbps、8Mbps、12Mbps、24Mbps、50Mbpsと様々な回線の種類がありました。しかも、NTTからの電話線の距離が2km以上伸びていきますと段々と通信スピードが落ちていくという仕様…

今は光回線となっていますのでそんな心配はありませんが
フレッツ光ですと100Mbps、200Mbps、1Gbps(1000Mbps)の速度の種類があります。
契約が古くて100Mbpsのフレッツ光のままだった…NTTから借りているONU機器が古いままであったり、
アパート、集合住宅等は1回線を共有している場合がありますので、さほどスピードが伸びない場合があります。
また、近年ではIPv6などの高速通信サービスも提供されていますが、使用している機器(ルーターなど)がv6に対応しておらず、想像していたより結果が出ない。なども考えられます。

この記事を書いているだけでも、問題箇所が書ききれないくらい出てきますので、どうしても自分で解決できない。お困りでしたら、wi-fiドクターにご相談ください。本日はここまで。

wi-fiの速さ測定 スピードテストをやってみよう

Posted by | 助けて!wi-fiドクター! | No Comments

こんにちわ。MUGEN・wi-fiドクターのますけん(増川佳祐)です。

久しぶりのブログ更新です。このごろの急激な社会情勢の変化により、自宅でのインターネット利用が増え、ネットワークの不具合、wi-fiの不調が目立つようになってきました。

弊社ではホームページ上で主に映像制作を案内しておりましたが、地元のお得意様向けにパソコンサポートも行っておりまして、問い合わせが増えておりますことから、今回は自宅のwi-fi環境を改善するためのブログをコツコツと更新していきたいと考えております。

本日紹介したいのは、スピードテストによる通信速度の確認です。普段の利用では気にならないかもしれませんが、インターネット回線も速さがあります。
速さと言っても、車で言うと「走る速さ」というよりかは、水道管でいう管の太さのようなもので、一秒間にどれくらいデータ(水)が流れるかを測定します。

もし、自宅の環境で不調を感じているようでしたら、実際に不調が起きている環境で行いましょう。

■通信状況で再現する場合
有線LANをパソコンでつないだ状態なのか…wi-fiを使用しているのか…

■使用する機器で再現する場合
スマホで確認したいのか…パソコンで確認するのか…

■場所で再現する場合
自分の部屋で通信すると調子が悪いのか…それとも特定の場所で調子が悪いのか…

これらを想定しながら場所をしっかり決めましょう。

▼パソコンで行う場合▼
https://fast.com/ja/

上記のFast.comだと、開いた瞬間からスピード測定が開始しますので、とても簡単です。
灰色の数字が動いている際は測定中…黒字の数字で止まったら速度が確定します。

▼iPhoneで行う場合▼
Speed Test

 

▼Androidで行う場合▼
Speed Test

こちらも使い方の説明が不要なくらい簡単で、「始める」をタップすると自動的に開始し、1分〜2分程度で結果表示されます。

ひとまず、簡易的に評価するため、下り●●Mbpsという数字を控え、その数字に対して比較検証を行いましょう。今回はここまでです。