2018 7月

無料で作る!!自作プロフィールムービー DVDを選ぶ・会場確認

Posted by | ブログ, プロフィールムービー作成講座 | No Comments

皆様こんにちわ。MUGENのます犬(ますけん)でした。今回は、無料で作る!!自作プロフィールムービーについて紹介していきます。記事を始める前にPRですが、MUGENではご披露宴のライブエンドロールと次世代ビデオ撮影のライブマルチカメラをリーズナブルな価格でご提供しておりますので、これから準備をされる方はぜひご覧ください。

しあわせハイブリッド撮り
(ライブエンドロール)

しあわせぜんぶ撮り
(ライブマルチカメラ)

今回は少しジャンプして、プロフィールムービーの映像が出来上がったと仮定し、ディスクの作成へと話を進めていきたいと思います。プロフィールムービーの作成が完了したらDVDに焼き付けて会場に持っていきますが、ここでのポイントがDVDディスクの種類についてです。

DVDメディアの種類

近くの電気屋に足を運ぶと、とにかくDVDメディアの種類が豊富なことにびっくりするはずです。

ざっと知ってる限りでは

 

DVD-R
DVD+R
DVD-RW
DVD+RW
DVD-RAM
DVD-R DL
データ用
録画用

 

こんなんいちいち説明するとさらにややこしくなりますので、私は単純に他に目をくれず、DVD-R(データ用)をおすすめします。それぞれ説明すると、そっちの方がいいじゃん。というのがもちろんありますが、一長一短があることと、再生が100%保証されないものはどれも同じのため、利用率が高いDVD-Rに絞ります。

 

ディスクのメーカー

せっかく書き込んでも、品質も悪いメディアに焼きこむと、再生の途中で止まったり、飛んでしまったりするのが怖い…。そんなに値段の差があるわけでもないので、メディアは品質の高いものを使用しましょう。昔の台湾製のDVD-Rメディアは何枚かに1枚エラーで書き込めないなどと品質が問題視されていた時期がありましたが、今は品質とブランドがトップ独走だった太陽誘電(That’s)がメディア業界から撤退したこともあり、私自身もこれが間違いない!!という自信を持って進められるものがないのが現状です。

 

価格.comサイトに品質満足度が高いランキングがありますので、これらを参考に決めてみると良いかもしれません。

 

品質の満足度が高いDVDメディア ランキング

http://kakaku.com/pc/dvd-media/ranking_0710/rating/sort=1/

 

 

会場にDVDを持っていくときに注意したいこと

完成したプロフィールムービーのDVDを持っていく時に注意したいことは、なるべく自分自身で会場に持っていき、正しく再生されるかご自身の目で確かめるのが一番良いです。

 

例えば、映像が全体的に縦に伸びていないか…

 

アスペクト比が間違えて再生されると、本来、横長のワイド画面で表示されているものが、正方形の形に左右がつぶされて表示されることがあります。これは、昔のテレビが正方形の画面サイズだったことに加えて、会場のスクリーンがパソコンの規格に揃えていることが多いため、未だに会場のスクリーンが正方形で取り付けられており、加えて設定が間違っていると起きてしまう現象です。

 

ですので、見た時に縦横の比率に違和感を感じたら、会場でVTRを操作する方にしっかり指摘をし、当日は設定がおかしくならないことをしっかりお伝えしましょう。

 

また、映像内に入れた文字が全部表示されているかも確認しましょう。

 

編集時に映像の四隅ギリギリに文字を入れてしまうと、スマホやパソコンでは正しく映っていたのに、スクリーンに映したら文字が欠けてしまった。という現象が発生します。

 

これはテレビセーフゾーンという、映像の端の約1割は欠けることが想定されるエリアに文字を入れてしまったことが原因です。

なぜこんな現象が起きるかは割愛しますが、とにかく、テレビ放送の映像は拡大して表示される(オーバースキャン)が発生しますので、本番で流す機材で映像の文字が書けてしまった場合は、編集ソフト側で修正が必要です。

 

アプリによっては、このガイドラインを表示しながら編集することもできますので、違和感を感じたら、アプリの機能を確認して今一度内容に問題がないか見直しましょう。

 

こういったところが意外と会場で自分の目で確認しないと分からないので、やはり式を滞りなく進めるにはご自身の目で確認されることをお勧めします。

 

いかがでしたでしょうか??これからプロフィールムービー作らなきゃ!!と慌てるご新郎ご新婦様をよく見ておりましたので、お役立てできれば幸いです。んで、ちゃっかりPRですが、弊社もご披露宴のライブエンドロールと記録ビデオを承っております。ぜひお気軽にご相談ください。それではまた次回

無料で作る!!自作プロフィールムービー 写真の構図

Posted by | ブログ, プロフィールムービー作成講座 | No Comments

皆様こんにちわ。MUGENのます犬(ますけん)でした。今回は、無料で作る!!自作プロフィールムービーについて紹介していきます。記事を始める前にPRですが、MUGENではご披露宴のライブエンドロールと次世代ビデオ撮影のライブマルチカメラをリーズナブルな価格でご提供しておりますので、これから準備をされる方はぜひご覧ください。

しあわせハイブリッド撮り
(ライブエンドロール)

しあわせぜんぶ撮り
(ライブマルチカメラ)

さて、本記事3回目となる無料で作る!!プロフィールムービーですが、今回は写真選ぶ時の構図について説明していきます。

きっとこの段階ではアルバムをめくって、お互いの幼いころの写真で盛り上がっているころだと思います。あれも!!これも!!はもちろんですが、1回目の記事で書きました目的で、誰に見せたいのかを考え、その方々が見やすいものを流していくとより喜ばれるのではないでしょうか。

プロフィールムービー上では、映像に映すのに苦手な写真が何種類かあります。

 

縦長の写真

単純な話ですが、今どきの液晶テレビの99.9%は横長ですので、縦長の写真をめいいっぱい使うと左右に余白が生まれてしまいます。

上の画像が例となりますが、横長の映像モニタに対して縦長のお写真を上下合わせてめいいっぱい移そうとするとなんと半分以上の空白が…。

これだけスペースが空くというのは写真の選びの最中では想像していないと思います。

ただ、上記のように引きめの写真を切り抜いて使うと左右の余白については解消しますが、拡大した分、画質が悪くなりますので注意が必要です。

ピントがあっていればそんなに気になりませんが、ボケボケの写真を使う場合はごまかしが効かないので注意しましょう。

ですが、私がこれ以上強く言えないのは、映像業界とは違って写真って縦長で撮られる写真は多く出回っており、2割~3割くらいは縦長のような気がしますし、しかも最近はスマートフォンやiphoneで撮影すると、無意識のうち縦長で撮ってしまいますよね?あの仕様では

ビデオの縦長撮影は現時点ではご法度ですが、写真でプロフィールムービーを作るときはある程度しかたないですし、どうしても使用したい写真は縦横も関係なくなってきます。ひとまず、選ぶ時のひとつの参考の材料として頭に入れていただければ幸いです。

また、後に説明するスライドショーアプリも、左右の開いたスペースをおしゃれな背景にすることもできます。そういったフォローできる機能を活用していきましょう。

8人以上の集合写真

 

プロフィールムービーは、上映される機械の性能上8人以上の写真は誰が誰だか分からないまま次のカットに行ってしまう恐れがあります。

未だに多くの会場でDVDプレーヤーが使われていたり、プロジェクタが相当数の年式があったりすると、DVD画質で上映をせざるを得なくなります。

しかも、会場で本番時に止まらないで安全に再生しようとする場合、必然的にDVDもしくはBlu-rayになりますので、さらにBlu-rayとして作成する環境が自宅にない会場はほぼ強制的にDVDになってしまいます。ですので、解像度を意識した作り方も大切です。

ちなみに、DVDはどれくらいの解像度かといいますと、縦と横のドット数で比較する場合、画面の大きさが同じですと数字が大きいほど画質が良いです。

DVD 横720ピクセル×縦480ピクセル

PS Vita 横960ピクセル×縦544ピクセル

Nintendo Switch 横1,280ピクセル×縦720ピクセル

iphone 7横1,334ピクセル×縦750ピクセル

フルHD 横1,920ピクセル×1,080ピクセル

Iphone X 2,436ピクセル×1,125ピクセル

4K 横3,280ピクセル×2,160ピクセル

なんとPS VITAよりも解像度が悪くなります。

仮にBlu-rayで会場に持って行けたとしても…会場が200名収容規模になってプロジェクタのスクリーンが片側の壁のみで小さい時は、反対側の壁から見ている人はしんどい…。

ただ、8人以上の写真は絶対ダメなの?と聞かれるとそうでもないです。

本人はその中にいる。という体にして、雰囲気を伝える目的にすればよいはずです。

例えば部活動の集合写真だと、ユニフォームが分かるから良いと思います。しんどいのは、それは一体何の集合写真??みたいな雰囲気さえつかめない写真です。

また、集合写真を使いまくるのもなかなかつらいです。

集合写真→集合写真→集合写真→集合写真と続くと、動きがなくて面白くありません。

動きのある写真→仲間との笑顔→集合写真→思い入れのある場所での撮影

写真にメリハリをつけてあげるとみている人がもっと楽しめるものになります。

 

いかがでしたでしょうか??これからプロフィールムービー作らなきゃ!!と慌てるご新郎ご新婦様をよく見ておりましたので、お役立てできれば幸いです。んで、ちゃっかりPRですが、弊社もご披露宴のライブエンドロールと記録ビデオを承っております。ぜひお気軽にご相談ください。それではまた次回

無料で作る!!自作プロフィールムービー 写真の枚数と表示時間

Posted by | ブログ, プロフィールムービー作成講座 | No Comments

皆様こんにちわ。MUGENのます犬(ますけん)でした。今回は、無料で作る!!自作プロフィールムービーについて紹介していきます。記事を始める前にPRですが、MUGENではご披露宴のライブエンドロールと次世代ビデオ撮影のライブマルチカメラをリーズナブルな価格でご提供しておりますので、これから準備をされる方はぜひご覧ください。

しあわせハイブリッド撮り
(ライブエンドロール)

しあわせぜんぶ撮り
(ライブマルチカメラ)

本記事2回目となる無料で作る!!プロフィールムービーですが、今回は写真の表示時間について書きたいと思います。

プロフィールムービー制作する上で、そもそも何枚写真が必要なのか?と聞かれます。枚数の決め方はまず使用する音楽の曲の長さを把握します。ここでの例は5分とします。そこに1枚当たりの表示秒数で割ると暫定の枚数が出ます。

 

1枚ごとの表示秒数ですが、これまでの経験則でいきますと、おおよそ1枚につき5秒に加え切り替え(トランジション)1秒、合計6秒がちょうどいい感じです。

 

そうすると5分(300秒)÷6秒=50枚となってタイトルと途中のテキスト、フィニッシュを差っ引いても、おおよそ新郎15枚、新婦15枚、ふたりのパート15枚、締めの写真1枚。がちょうどいいくらいです。

 

音楽のテンポがかなり速かったり、スライドショーの切り替えが2枚ずつになってしまった場合、そこからさらに多くする必要がありますが、切り替えが早すぎると写真の下に挿入するテロップが読み切れなかったり、年配の方の目が追い付かないなど問題が生じます。

 

ひとまず50枚くらいに厳選し、そこから調整して4枚くらい引き算して予備としてとっておく。と段取りとして良く編集も後々楽だと思います。そして、各パートの写真は時系列で考えて均等に振り当てると良い感じです。例えば…プロフィールムービーの新郎パートでは

 

生まれた直後の写真…1枚

幼いころ…両親や祖父母と一緒に写る写真など…2枚

幼稚園…おゆうぎ会で衣装着ている姿など 2枚

小学校…屋外授業や大会の写真 2枚

中学校…部活動の写真 2枚

高校生…部活動の写真 2枚

大学生…サークル仲間との集合写真 2枚

社会人…職場の仲間との集合写真 2枚

 

大体こんな感じで分解していくと良いと思います。新郎あるあるでは、中学から大学までの写真がほとんど無い!!という方が意外に多いです。お父さんお母さんも大きくなったら写真を撮る機会が減ってくるんでしょうね。というかご本人が撮られたくないという理由もあるかもしれない。

 

ちなみに、学生時代の写真がない時に役に立つのは卒業アルバムです。写真集ページとかに偶然写っていたりしますので活用しましょう。

 

いかがでしたでしょうか??これからプロフィールムービー作らなきゃ!!と慌てるご新郎ご新婦様をよく見ておりましたので、お役立てできれば幸いです。んで、ちゃっかりPRですが、弊社もご披露宴のライブエンドロールと記録ビデオを承っております。ぜひお気軽にご相談ください。それではまた次回

無料で作る!!自作プロフィールムービー 目的と構成

Posted by | ブログ, プロフィールムービー作成講座 | No Comments

皆様こんにちわ。MUGENのます犬(ますけん)でした。今回は、無料で作る!!自作プロフィールムービーについて紹介していきます。記事を始める前にPRですが、MUGENではご披露宴のライブエンドロールと次世代ビデオ撮影のライブマルチカメラをリーズナブルな価格でご提供しておりますので、これから準備をされる方はぜひご覧ください。

しあわせハイブリッド撮り
(ライブエンドロール)

しあわせぜんぶ撮り
(ライブマルチカメラ)

今や披露宴では流すのが当たり前となっているプロフィールムービーですが、私も山形県内の多くの結婚式場を撮影し経験してきた中では、ほとんど上映しないところはありません。それをいかに無料で(低予算で)おしゃれに作るか!!パート別にご紹介してまいります。

無料で作る!!プロフィールムービーについて

1.目的を決める

プロフィールムービーを作っていくにあたり、まずは目的を決めます。今作りたい!と考えているムービーは、誰に見せたいと考えていますか??

★大切にご自身を育ててくれたご両親に向けてでしょうか??

★これからお世話になる新しい家族に向けてでしょうか??

★これまでの人生で苦楽を共にした仲間・お世話になった方に向けてでしょうか??

★これから人生を共に歩むパートナーに向けてでしょうか??

★もしくは特定せず、お世話になったみんな全員にでしょうか??

この、誰のために??を決めることで、後に選ぶ写真の内容ががらりと変わっていきます。

そして、次にこのプロフィールムービーを通じて何を伝えたいですか??

★ご自身から湧き上がる相手への感謝の気持ちですか??

★これまでのご自身の歩みを知ってほしいですか??

★仲間との思い出を思い出してほしいですか??

など、理由付けをしていくことで、見てほしい相手がより驚いてくれたり、思い出して喜んでくれる作品になります。

2.構成を考える

プロフィールムービーにも型というか、おおよそ基本的な流れというのが存在します。
というのも、自分たちで自由に考えてももちろんいいんですが、披露宴で流すということはある程度まとまった人数で、年代や環境のバラバラな方々が集まる方に見てもらうということなので
「いかに見てもらいたい人に分かりやすく作る努力をするか」が大切です。

私たち(一応プロ)も、どちらかというと「見てもらいたい人がいかに見やすくするか」を意識して作ります。

目的が決まったら構成です。
プロフィールムービーの基本の流れは下記になります。

タイトル

新郎パート

新婦パート

二人が出会ってからの写真

締め

なんでこんな形に収まっていったのか…私もほぼ最初からこの形で作り始めたのでよく覚えていないのですが…
おそらく、おそらくなんですけど

★時系列に紹介すると見る人が頭の中で整理しやすい

★嫁入りで新郎を立てるためにそちらが先。婿入りの場合逆でもいいが、新郎を立ててもあまり突っ込まれない。

が挙げられると考えています。

ですが、近年オープニングVTRも流行っていますので、この形にこだわらず自由にやっても良いような感じがします。

画面二つに割って左に新郎、右に新婦の写真を同じ年代に比較しながら流していくとか…面白そうです。

いかがでしたでしょうか??これからプロフィールムービー作らなきゃ!!と慌てるご新郎ご新婦様をよく見ておりましたので、お役立てできれば幸いです。

んで、ちゃっかりPRですが、弊社もご披露宴のライブエンドロールと記録ビデオを承っております。ぜひお気軽にご相談ください。

それではまた次回